MEMBER

伊藤 万桜 Mao Ito ヴァイオリン

伊藤 万桜

東京都立芸術高等学校、東京音楽大学を卒業。同大学院音楽研究科を経て多岐に演奏活動を行う。パブロ・カザルス国際音楽アカデミー、ヴィチェンツァ国立音楽院、アントン・ルービンシュタイン国際アカデミー等にて、Mark Gothoni、Leon Spieler、Albert Martini、Boris Davidovich Belkin、Lucie Robert、Lorenz N-Herschcowiciの各氏のマスタークラスを受ける。第16回KOBE国際音楽コンクール優秀賞、兵庫県芸術文化協会賞をはじめコンクールに多数入賞。カザルス音楽祭(仏)、キルヒベルク国際音楽祭(独)、テアトロオリンピコ音楽フェスティバル(伊)、モスクワ音楽院演奏会(露)に出演。2016年第31回練馬区新人演奏会にて東京フィルハーモニー交響楽団とチャイコフスキーの協奏曲を共演。2017年度東京音楽大学卒業演奏会に出演。2018年よりNHK「名曲アルバムプラス」、Sony Music Entertainment主催STAND UP! ORCHESTRAとしてBSフジ、2019年よりMUTIAとしてOTTAVAラジオ、ラ・フォル・ジュルネTOKYO等に出演。2019年10月東京文化会館小ホールにて、文化庁/日本演奏連盟主催のリサイタルを開催。ヴァイオリンを大谷康子、海野義雄、嶋田慶子、漆原朝子、村瀬敬子、山岡耕筰、Mark Gothoniの各氏に師事。

Message from Mao

桜の開花時期がバースデーのヴァイオリニスト。名前の通り万国に通じる桜、そしてお客様をマイワールドに引っ張り込む「万有引力」のエンターティナーを目指しています! どんなステージでも動じない度胸と、常にキャパオーバーに挑戦したがる度胸が自慢。 HPも随時更新中!

  • イメージ画像
  • イメージ画像
  • イメージ画像